ドコモ光 評判 2017

2017年のドコモ光の評判は良い?悪い?【元代理店員が答えます】

その昔、あるプロバイダの評判が良いということで、お客様にも薦めていたことがありました。

 

しかし、ある時を境にどんどん悪い評判が出るようになったのです。

 

ドコモ光は少し前まで、それほど良い評判はありませんでした。どちらかと言うと悪い評判の方が多いくらいでした。

 

なのに2017年は良い評判が多い傾向があります

 

実は、この変化には理由があるんです。良いと言われたプロバイダが悪く言われるようになり、極悪とまで言われたプロバイダが神回線と言われることもあるのです。

 

それには、次のような理由があります。

 

 

プロバイダの評判がコロコロと変わる理由

 

とても評判の良いプロバイダは評判が広がり加入者が激増します。

 

激増すると、本来の回線容量では賄いきれないほどの通信量が発生します。

 

本来加入者が増えた場合は、機器の増強、回線の増強、設定の変更をしなければならないのですが、それが間に合わないくらいの勢いで加入者が増えるのです。

 

回線速度が遅いくらいならまだ良いのですが、つながらない。夜の一番込み合う時間帯にまったくつながらないという事態が発生するのです。

 

逆に安定性が無く、速度も遅いと評判のプロバイダは、なんとか加入者を増やそうと機器の増強や回線の増強に力を入れます。

 

その増強されて間もない頃は、少ない加入者に回線独り占め状況が生まれます。

 

これが神回線とも言われるカラクリです。

 

回線業界はこのような状況を数年単位で繰り返しています。

 

最近でこそ、セット割があり、あまり加入者の変動がありませんが、つい最近まで乗り換えキャンペーンが盛んがったため、回線契約者の移動が非常に多かったんです。

 

ドコモは非常に大きな会社です。増強された設備も安定しており、現在での評判は非常によいものになっています。

 

それでも、口コミなどをみると「時間帯によって速度が出ない」という書き込みをよく見かけます。

 

そういった原因のほとんどは、同じ回線を使っている人のなかに容量を占有している人がいたり、サポートへの連絡で改善できるものだったりします。

 

元代理店従業員の私の見解では、2017年のドコモ光の評判は間違いなく良い傾向にあります。